クレジットカードのデメリット

クレジットカードは大変便利な生活アイテムでメリットばかりが目立ちますが、見方を変えるとデメリットも見えてきます。クレジットカードの一番のデメリットはついつい使いすぎる傾向が強くなる事です。

現金の場合だと手持ちのお金が減っていくのでセーブする事も可能ですが、クレジットカードの場合だと手持ちの現金が減るわけではありません。



そのためどうしても使いすぎてしまします。しかも使用してからすぐに支払いのデータがカード会社に届くとは限らないため、インターネットの公式サイトで支払いの確認をしようとしても、確認が取れない場合がほとんどです。
そのため気がつけば支払額がとんでもないことになる可能性があります。



次にクレジットカードを紛失すると多額の利用をされる場合があります。最悪の場合だと100万円以上の被害に遭遇する可能性もあります。



被害に遭遇したと気がついたらすぐに、クレジットカードのカスタマーサービスセンターに電話をすればカスタマーサービスセンターが支払いを止めてもらう事もできますが、時間が経てばそれもかなり難しくなります。インターネットの通販サイトでこちらを利用して買い物をすると、ハッキングされて悪用されるパターンも報告されています。
ショッピングクレジットを利用して買い物をする際にはこのような点にも注意しておかないと、あとあと取り返しのつかない事になりかねません。

その事を頭に入れて利用する必要があります。