何故多くのクレジットカードの広告が出てくるのか

最近はネットでもテレビでも多くのクレジットカードの広告を見かけます。


何故クレジットカードの広告がよく出てくるのかというと、それだけカード会社が顧客を獲得しようとしている現れということです。

何しろカード会社はカードの利用者が増えれば増えるほど収益が上がる可能性があるシステムとなっています。

というのは、利用者が増えることで、コンビニやスーパーなどクレジットカード会社と契約をしたいと考えるところが増えることになります。



そうすると契約料が多く入ってくるようになるというわけです。


ちょっと当周りではありますが、カードの利用者を増やすことがカード会社の収益を上げることにつながるわけです。

カードを作ってもらえば、そのカードを利用してもらうために、より多くのお店と契約をしようとします。

カードの利用者が多くなれば、カードの契約をしてくれる小売店が増える、そうなるとカードの利用者も増えることになるという好循環を導き出すのが、このカード会社の仕事ということになるのかもしれません。そのため、ネットでもテレビでも多くのクレジットカードの広告を見かけるようになっているのです。



年会費が無料であったり、入会金が無料、維持管理費も無料という、ちょっと信じられないようなシステムになっているのも、この契約料があるからです。
自由競争があり、常に競争の中にあるカード会社は常に他社と比較され厳しい状況にあるといえますが、それだけに顧客を獲得すれば大きく跳ねる起爆剤となるのです。