クレジットカードには利用限度額というものがあります

クレジットカードはとても便利な買い物ツールですが、際限なく好きなだけ使えるわけではありません。
カードには使い過ぎ防止のためにも利用限度額というものが設定されています。カードの申し込みを行い、無事に審査を通ることが出来ると、後日発行会社から自分専用のカードが届きます。

その際カードと一緒に届いた書類に、そのクレジットカードが使用することの出来る上限金額が記されています。

初めてカードを持つ場合では、一般的に10万円から50万円が多いでしょう。



この上限金額というのは利用者の信用度を基準に決められるもので、同じカードを持っている人であっても使用年数や勤め先・年齢・使用状況などによってそれぞれ変わってきます。



返済が滞るようなことも無く、カード会社にとって良い利用者だと判断されれば利用限度額は増額されることもあるのです。

しかし逆に返済が何度も滞ったりする利用者の場合には要注意人物とみなされてしまいますから、きちんと決まった日に口座に引き落とされる分の金額を納めておくよう心掛けましょう。

また、海外旅行に持っていって使用する際や家電製品などの大きな買い物をする際には、一時的にですがクレジットカードの利用上限金額を引き上げてもらうことも可能です。

この場合は各カード会社のコールセンターに電話をする必要があります。このように、利用限度額が定められているということをよく理解した上で、カードを使用していきましょう。