クレジットカードは信用によって成り立っている

何故クレジットカードのようなものが通用しているのかというと、これは信用によって成り立っているといえます。


カードはお金とは違うので、これ自身で何かと交換することが出来るわけではありません。



しかも、カードの支払いは全て後払いです。このようなシステムが通用しているのは、信用というものがあるからです。

日本ではこの信用が当たり前のようにあるので、このクレジットカードのシステムが出来るわけです。


この信用というものが通用しない国というのは世界にはいくらでもあります。
クレジットカードが使えるということは、それだけ人々が安心して暮らせていけているということの証ということがいえるのかもしれません。クレジットカードで信用調査があるのは、そのためです。



その人を信用して良いのかを判断しているのです。


信用の基準はとてもシンプルで安定した収入があるかどうかです。

この安定した収入には、年金なども含まれるので、高齢者でもカードを作るということは可能です。

むしろ高齢者の方が作りやすいといってもいいかもしれません。


年金という安定収入があるからです。



クレジットカードはカード業者と小売店とも信用によって成り立っています。

小売店はカード会社か消費者の利用料金を集めて払ってくれるということを信用して任せていますし、カード会社は小売店が契約料を払ってくれるということを信用しているわけです。

このようにカードのシステムは信用によって成り立っています。