ブラックリストでもクレジットカードは作れるのか

「ブラックリスト」、聞いたことが無いという人の方が少ないのではないでしょうか。

しかし、それが何を意味しているのかを詳しく知っているという人はそれほど多くはないのかもしれません。
ブラックリストは、信用情報機関に金融事故情報が登録されている状況を指します。
金融事故は、債務整理や借金の支払い遅延、滞納などを指します。
これらの情報が掲載されていると、クレジットカードを作る時や各種ローンを組む時、キャッシングを利用するときなどの審査に悪影響を与えると言われています。



つまり、この信用情報機関に金融事故情報が登録されている限りは、クレジットカードを新たに作るという事は、ほぼ無理であると言えます。

そこで、金融事故情報が登録されているかどうかを確かめるようにしましょう。

これは、信用情報機関に問い合わせることで、情報開示を求めることが出来ます。



信用情報機関への登録は内容にもよりますが、数年で削除されます。
削除されるまで待つことが出来ないという場合には、比較的審査の通りやすいと言われている流通系やネット系のクレジットカードに申込をしてみても良いかもしれません。



実際に、ブラックリスト状態であっても、そのようなタイプのクレジットカードであれば、作ることが出来たといういとも多くいます。

クレジットカードに申し込みをする時には、短期間に複数のところに申し込みをすると、それだけでも審査落ちの原因となりますので、一度に申し込みをするのは1社だけにするようにしましょう。