現金払いにはないクレジットカードのショッピング保険

商品を購入する場合に現金払いとカード払いが選べる機会が多くなっています。購入するなら、ぜひともカード払いを利用したいところです。

理由として、クレジットカードにショッピング保険が付帯されているのがあります。

年会費無料のカードでも付いていることが多い、ポピュラーな付帯サービスになります。



ショッピング保険があれば、カードで購入した商品をうっかり落としてしまい、破損した場合に補償してもらえます。



高額な商品を購入した場合などで、とても助かるでしょう。現金払いで商品を購入しても、保険など付いていませんので、破損すれば自分の責任にしかなりません。
当然ながら補償も受けられず、損をした気分になるだけです。

ですので、大切な商品ほどカード払いで決済したほうが安全です。

クレジットカードのショッピング保険の良さは、補償期間の長さです。
カードの種類によって違ってくるものの、一般的に商品を購入してから90日間であれば、補償してもらえます。


購入して1ヶ月程度経過した時に置いておいた商品を落として壊してしまったという理由でも問題ありません。
補償される金額はカードのグレードが高いほど、高額になる例がよく見かけられます。



補償の際に、免責が発生するクレジットカードも存在します。

免責では3000円から1万円程度の負担を強いられますが、高級な商品を破損した場合であれば、免責を支払っても十分にお得な補償内容だといえるでしょう。